近状2…観葉植物。

近頃は観葉植物に凝ってる。部屋を締め切っていることが多いので少しでも部屋を浄化するために置き始めた。できるだけ空気清浄効果の高い物を選んでいる。

とはいっても 小さい植物2つ3つでどうにかできるもんでもない。ないよりましだという精神で気休めとして置いている。

揃えたのがこちら↓

テーブルヤシ

テーブルヤシ

 
水耕栽培 苗 ポトス・ライム

水耕栽培 苗 ポトス・ライム

 

 これらはよくマイナスイオンがどうとか書いてあるがありゃ嘘だろう。まあ有害成分を吸収とかはホントだろうからそれを信じて揃えた。

比較的ありふれた種類だが品種を決めて買おうとすると意外となかったりする。あっても大きいサイズで数千円したりと手頃なものはない。ホームセンターにないので近くの花屋の場所を検索して買おうとした。しかし、そういう店は基本対面販売でどうも入りづらい。覚悟を決めて入るも店員と睨み合いになってすぐ出てきてしまった。他の店でも声をかけられて動揺して逃げ帰ったりした。まあ、見た限りいいのがなかったので大丈夫だが…

そんなこんなで困っているとショッピングモールのわりと開けた花屋にちょどいい小ささのポトスを見つけた。こういう場所なら人通りも激しくさらっと見ていける。さらに半年後くらいにテーブルヤシも同じ場所で見つけた。

サンスベリアは大きい立派なのしかなかったり小さい割には高いものしかなく買えないでいた。でも近くのホームセンターに5号鉢のそこそこ大きいサイズが破格の600円であった。ちょっと大きいので迷ったが安かったのでつい買ってしまった。

サイズ的に浄化効果は微力だろうからこれからどんどん茂らせていこう。

近状1…虫歯予防。

 前回も書いたがひきこもりで一番困るのは病気だ。しかも放っといても治らない虫歯は、なお厄介だ。一年ぐらい前になったときはそれはまあ酷い生活でお菓子を食べたまま寝てしまったり完全に生活が緩んでいた。

それ以降は最低限寝る前には歯磨きはするようになったもののまた虫歯になってしまった。いよいよ本腰を入れて虫歯対策に取り組まなければならない。

まず、基本としては歯磨きだ。寝る前は当然として生活リズム的に朝晩というベタなパターンはやりくい。なので夕方すこし部屋を出る時ついでに磨くことにした。毎日ではなくても、軽くでも歯磨き粉のフッ素を歯につければ少しは違うだろう。

あとはこれ↓ 

 日本では使用利率が低いらしいが欧米では一般的なフロス。自分の虫歯の場所的には歯の間ではないがトータルで口の中の菌を減らせればよいだろう。柄がついてるタイプも在るがコスパが高そうな糸巻きタイプにした。あとこっちのが使うときにカッコイイ。

実は一年前に買っていたものの面倒くささから放置していた。本当は歯磨きのあとするものらしいが使うと手がベタベタするし口を濯ぐ必要があるので先に部屋の中で使ってから歯磨きをするようにしている。

さらにこれ↓

 一年前もキシリトールガムを噛むようにするもボトル一つでやめてしまった。今回はさらに歯の再石灰化ができる成分が入っているこちらにした。最初はグレープだったけど長くかんでいくには甘すぎないこっちがいいかな。グレープから切り替えたときには青臭くて失敗したかと思ったがしばらく噛んでると慣れた。

さらにさらに↓

どうも集中的に前歯中心に虫歯になっていた。これは口呼吸していて唾液が回らす虫歯になっていた可能性があるのかもしれない。いままでたいして害はないだろうと口呼吸を放置していたが明確な虫歯という被害の可能性があるかぎり正さなければいけなくなった。起きているうちは意識して口を閉じることと、さらに寝ているときは物理的にテープで塞ぐことにした。よく専用のテープが売っているが少々割高で大した数も入っていないので普通のカーゼ固定用のテープを使う。専用テープのように短く切って口に対して縦に貼ればOKだ。

ひとまずこれを継続していくことが大事だ。サボらないようにしないと。

歯医者

ひとまず日記から再スタート。

ひきこもっててもどうしても行かなければいけないところはある。それは医者だ。ちょっとした風邪くらいなら我慢もできようが虫歯になった場合は放っといても治らない。
ひきこもりなんてのは規則正しい生活を保つのは非常に難しいものだ。間食をして歯も磨かずに寝てしまうこともある。子供の頃はそんなに虫歯になることもなかったのだが不摂生がたたって虫歯になってしまった。1年くらい前に歯医者に行ってからはちゃんと寝る前に歯を磨くようにはしたがまた虫歯ができてしまった。

歯医者に行くことの何が問題かというと日々の心の平穏が乱れるからだ。基本的には月1の精神科以外には人と話す機会はなくそれだけで多少の苦痛をともなう。しかも予定ができることで普段何も考えず過ごせるのに少しは気にしながら過ごさなければならなくなる。
直近で行ったところは痛くても問答無用で削ってきたから二度と行きたくはなくまた初めての場所に行かなければならずそれもストレスマッハだ。今までは歯の上部を削っていただけなので痛いと思ったこともなく余裕こいてたのが今度は歯の根元の虫歯だったため削るときにかなり痛く歯医者に対する苦手意識を植え付けられた。

1回目は親と行って2回目は一人で行って、さらに新しいところはちゃんと麻酔も使ってくれて多少慣れと不安も取り除かれてブログを書く余裕も出てきた。
しかし、あと数回は確実に行かなければならず憂鬱な日々をしばらく過ごさなければならない。