脱学校に向けての活動を考える

脱学校の思想に感銘を受けそれを広めるための方策を探りたいと思う。

肝心の方針については当面の学校の窮屈さを緩める方針としては内藤氏、宮台氏が訴えているクラス制度の廃止であろう。

いじめ撲滅のために-クラス制度廃止のメリット、デメリット - NAVER まとめ

渡邊芳之「学校がある限りいじめはなくならない」というみんなが一番言われたくないことをはっきり言ったという点で,私は… - Togetter

あとは学校行事、クラブ活動参加の自由化およびそれによる評価の禁止。
ひとまずシンプルなところでまとめるとこんなもんだ。

お偉いさんや関係者への提言はすでに学者の先生方が非公式にも行っているはずなので世論の盛り上げで後押ししたい。国民の納得がなければこれからも小手先の改善策しか打ち出せないことは明らかだ。クラス廃止の是非は愚か、もしくはそんな方法自体認識されていないだろう。世間の会話やワイドショーの、そ上に載ればとりあえず万々歳である。

学者先生にできないであろう柔らかい施策としてはパッと思いつく限りは、キャンペーン用の、ゆるきゃら、美少女キャラ、漫画、ゆっくり解説動画、ボカロ曲などなど。
ネット上で人気のこれらが注目されれば施策の伝播が期待できる。しかし、ネット上での学校険悪はもともとつよく学校の構造的な問題の指摘への賛同や過度な学校的なもの(たとえば組み体操とかクラス全員皆勤とか)批判はもともと強い。疑問を持っているところに適切な改革の道を示す効果は期待できても疑問を持たずにクラスの同調を推し進める側へは響きにくそうなところが難点だ。
さらに、ネットの影響力もまだまだ限定的だ。たとえば動画を投稿してyoutubeニコニコ動画で100万再生されたとしても世間の会話にそうやすやすとは出てこない。

そうするとやっぱりSEALDsのようなヒップホップやファッショを使った現実世界での行動が必要になるのだがいかんせん自分には現実世界に影響をおよぼす手足がないという問題にぶち当たる。

とりあえずはぺら一サイトで主張をまとめて広報を考えねばならない…。