歯医者

ひとまず日記から再スタート。

ひきこもっててもどうしても行かなければいけないところはある。それは医者だ。ちょっとした風邪くらいなら我慢もできようが虫歯になった場合は放っといても治らない。
ひきこもりなんてのは規則正しい生活を保つのは非常に難しいものだ。間食をして歯も磨かずに寝てしまうこともある。子供の頃はそんなに虫歯になることもなかったのだが不摂生がたたって虫歯になってしまった。1年くらい前に歯医者に行ってからはちゃんと寝る前に歯を磨くようにはしたがまた虫歯ができてしまった。

歯医者に行くことの何が問題かというと日々の心の平穏が乱れるからだ。基本的には月1の精神科以外には人と話す機会はなくそれだけで多少の苦痛をともなう。しかも予定ができることで普段何も考えず過ごせるのに少しは気にしながら過ごさなければならなくなる。
直近で行ったところは痛くても問答無用で削ってきたから二度と行きたくはなくまた初めての場所に行かなければならずそれもストレスマッハだ。今までは歯の上部を削っていただけなので痛いと思ったこともなく余裕こいてたのが今度は歯の根元の虫歯だったため削るときにかなり痛く歯医者に対する苦手意識を植え付けられた。

1回目は親と行って2回目は一人で行って、さらに新しいところはちゃんと麻酔も使ってくれて多少慣れと不安も取り除かれてブログを書く余裕も出てきた。
しかし、あと数回は確実に行かなければならず憂鬱な日々をしばらく過ごさなければならない。

広告を非表示にする